男女

攻撃的なキイロスズメバチを駆除する方法!

秋ごろになると増えてくる

ハチ

家の周りに巣ができてしまい、アシナガバチ駆除をしたい場合には、専門の業者さんに頼むのが安全です。ただ、価格の部分やできるだけ早くアシナガバチ駆除を完了させてしまいたい場合にはセルフでやるのもありでしょう。

もっと見る

都市型害獣の駆除方法

ハクビシン

都市環境に適応して住宅侵入被害が多発しているハクビシンは、もともと他の動物の巣穴に住み着く習性があります。天井裏は安全な上に断熱材もあるため、ハクビシンの住処として選ばれてしまうのです。ハクビシン駆除業者は吊り餌式の箱ワナを使った捕獲術や忌避剤等による撃退術を駆使し、侵入防止対策も徹底させています。

もっと見る

攻撃的なハチから身を守る

蜂

近寄らないこと

キイロスズメバチは、ハチの中でもかなり攻撃的なことで知られ、ハチの被害の中でも最も多くの件数が報告されているハチです。キイロスズメバチの巣を見かけた時には、なによりも安易に近づかないことが大切で、もしも近づいてしまった場合には、大声を出して驚かさないように、ゆっくりと、それでいて速やかに離れることです。また、周囲にキイロスズメバチをよく見かけるようになった時は、近辺に巣ができていることを疑ってみることも重要で、気が付かないで無意識に近づいてしまうことを避けることになります。しかし、巣が作業場の近くにあったり、登下校をする場所の近辺にある場合には、近づくことが避けられない状態であることから、駆除の手配を進める必要があります。

意外とおいしい珍味

日本でも、地域によっては、キイロスズメバチをはじめとするスズメバチの仲間の巣を採り、貴重なタンパク源として捕獲してきたという経緯があります。これは、現在でも続けられており、捕獲の仕方によっては生け捕りすることもできます。特に、煙幕を使った駆除を行う業者の場合、巣を駆除したときには幼虫の入った巣が残ることになります。これらは、薬剤を使っていないことから、食べることが可能で、幼虫、蛹といった状態の個体については、生食も可能で、その他、ゆでたり、揚げたりして高級珍味として扱われています。キイロスズメバチ駆除を業者に依頼する際には、あとで食することも前提の話を持ちかけると、相談に乗ってくれるところもあります。

お互いが住みやすい環境に

はと

鳩は鳥獣保護法で守られているため対策は限られますが、駆除グッズの使用や専門業者への依頼が可能です。駆除グッズは設置するのみと簡単で、危害を与えるという精神的ダメージがなく好評となっています。深刻なフンの害は駆除グッズや専門業者の対策で避けられ、ともに高い効果が得られると評判です。

もっと見る