都市型害獣の駆除方法|攻撃的なキイロスズメバチを駆除する方法!
メンズ

攻撃的なキイロスズメバチを駆除する方法!

都市型害獣の駆除方法

ハクビシン

天井裏が選ばれる理由

都市は人間の居住空間に特化していて野生動物が住みにくい場所のように思われがちですが、都市環境にうまく適応している動物も少なくありません。もともと中国大陸や東南アジアなどの山林に生息していたハクビシンもまたその1つです。日本国内では昭和の戦前までの確実な生息記録がないため外来動物ではないかと疑われていますが、近年では首都圏を含めた全国で生息数を急速に増やしています。ハクビシンがこれだけ増えたのも、日本の都市環境に適応できるだけの能力を備えているからだと考えられます。木登りが得意で高所でも身軽に移動できる身体能力を持つため、電線を伝って移動する姿もたびたび目撃されています。ハクビシンはもともと他の動物が作った巣穴をねぐらにする習性を持っており、自分で巣穴を掘る必要がありません。住宅の天井裏は外敵に襲われる恐れが少なく、安全性が高い場所のためハクビシンにねぐらとして選ばれてしまうのです。天井裏には断熱材が置かれていることも多いですが、鋭い歯と爪で引きちぎられた断熱材は快適な寝場所となります。昼は安全で居心地のいい天井裏に潜み、夜になると餌を求めて出歩くのがハクビシンのライフスタイルなのです。

プロの捕獲術と撃退術

ハクビシンのねぐらと化した天井裏では、同じ場所に糞尿をされることで悪臭被害ばかりでなくダニや害虫の発生にもつながります。住宅の衛生環境が悪化してしまうので、早急なハクビシン駆除が求められることになるのです。とは言えハクビシンは鳥獣保護法の対象動物に指定されており、実害を申し立てて自治体の許可を得なければ捕獲や駆除ができません。料金はかかりますが、許可を得ているハクビシン駆除業者に依頼して捕獲してもらうのが最も無難な解決方法です。プロのハクビシン駆除業者は吊り餌式の捕獲罠や踏み板式のアニマルトラップを使い、ハクビシンの生け捕りを試みます。ハクビシンの嫌う臭いを使った忌避剤や、強い光・音による追い出し作戦の方が有効な場合も少なくありません。天井裏からハクビシンを排除した後も、再度の侵入を防ぐために外壁や排気口などの隙間を塞ぐ作業を徹底的に実施されます。ハクビシン駆除は侵入口を塞ぐ対策が最も重要ですが、頭が入る隙間さえあれば容易に侵入できる動物だけに、隙間を発見するのも素人には難しいものです。ハクビシンの生態を知り尽くしたプロの捕獲術と撃退術には、厄介な都市型害獣も太刀打ちできないのです。